静謐な湖に誰にも気づかれないような小石が波紋を飾る。


視野で近づく。


>誰かが口笛を吹いていてもそれが雑音ではなく環境となる。


その木を揺らす風になりたい。


>風にするため、そう装うように揺れる。


身体中に染み込んだ風に連れ去られて、自分がどこにいるのかわからないまま

あてもなくさまよう、心地よさ。


>心地よささえも淡々としてしまう


・田中は鎌田に、数日前に描いた絵を見せる。

・その後鎌田は10数枚の絵を描いた。




上記は、鎌田と田中が数回に渡りおこなってきたメールや会話を含むやりとりを恣意的に抜粋したものである。


この展覧会は、均衡のとれた、または明瞭な意味の提示を持った声明が不毛かもしれない。


それぞれが「反応」を起こし、それに答えた。


はじめは鎌田と田中の二者による問題だったのかもしれないが、

誰が何に何を答えたのか、少しづつ曖昧になっている。


それでも答えてみようと思うのがこの展覧会「ANSWER SONG」です。


田中良太

鎌田あや

201308192435

2015

田中良太

Cube×4

2016

鎌田あや Aya Kamata


1981 東京生まれ

2010 多摩美術大学大学院 美術研究科絵画専攻 修士課程修了


主な展覧会

2016 realityandiexistsimultaneouslyatthispresentmoment (CRISPY EGG GALLERY)

2014 Someday,Someday, Where There Is … (Galerie Tokyo Humanite )

2012 The story continues even at this time if she went away to somewhere (大阪造形センター)

2011 Another dream that a person has in a dream (中之条ビエンナーレ)

    第14 岡本太郎現代芸術賞 (岡本太郎記念美術館)



田中良太 Ryota Tanaka


1983年 東京生まれ

2008年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業


主な展覧会

2016 「地上よりはるか下から見上げた灯りが月じゃなくても美しい」​KOMAGOME1-14cas / 東京

2015 「魚の骨」 アキバタマビ21 /東京

2013 「私たちのそういう時間」実家 jikka/東京

2013 「チャンネルライト」 /「言葉なお耳にあり」ゲルオルタナ/東京

2012 「今日のなまえ」ゲルオルタナ/東京

 
inserted by FC2 system